裏切りのライトニング

0
    最近『ゴレ+ラヴァ+黒バル』
    ハイブリッドなるものを練習しているのですが、
    そのなかで事件が起きました!!

    その事件とは・・・・

    ライトニングがパターン通り落ちない!!

    です。

    事件の詳細はこうです。

    敵の援軍のネクロマンサーを狙って、ライトニングを打ちました



    ライトニングのパターンにのっとり、右側に落としました
    (画像の白い煙の場所、ネクロは1人だけです)

    ちょっと右すぎかなと思ったのですが、
    1発目は右側中心に落ちるので、まぁいいかなと思ったら・・・



    ネクロが生きてるではありませんか!!

    『えっどういう事??』と思ってリプを見てみると、

    1発目なのに、2発目のパターンで落ちていました!

    2発めは左側中心に落ちるので、このネクロは生きていた訳です。

    ライトニングの落ちるパターンはこのブログの
    『ライトニング徹底分析』のカテゴリーを読んで下さい

    何故このような事件が起こったのか?

    これを考えるのがこれからの課題です。
    事件が起こった状況は

    1、事件は対戦の2回目の攻撃、1回目の攻撃でもライトニングを1発使用
    2、1回目と2回目の攻撃の間はマルチプレイの攻撃もしていない
     つまり、1回目と2回目は同じシールド中の攻撃
    3、攻撃の際、呪文はJUMPライトニングの順番で使用

    1と2は
    『対戦中はライトニングのカウントがリセットされないのではないか?』
    という仮説が立てられます。

    3は
    『攻撃において、ライトニングのパターンは、呪文の種類に関係なく、何発目かで決定している』
    という仮説が立てられます。

    今後、この2つの仮説を検証していきたいと思います。
    結果をお楽しみに〜

    【検証結果】

    検証の結果、

    ライトニングの落ちるパターンは呪文の種類に関係なく、
    何発目の呪文かで決定している

    という事が分かりました。

    つまり、攻撃の際JUMP⇒ライトニングと放った場合、
    ライトニングとしては1発目の呪文だが、呪文としては2発目なので、
    ライトニングの落ちるパターンは2発目になる

    と言う事です。
     

    ライトニングvs対空砲+アチャ塔

    0

      【追記】
      H27.9月のアップデートにより、ライトニングの呪文仕様が大幅に変更になりました。
      以下の記事はアップデート前のライトニングの情報です。



      さて問題です。

      下の画像において、対空砲にライトニングを3発落とした場合、
      隣接するアチャ塔は破壊できるでしょうか?




      ライトニングのレベルは3
      対空砲のレベルは5、アチャ塔のレベルは8

      ライトニングはTH7ではレベル4まで上げられます。
      対空砲とアチャ塔はTH7ではMAXのレベルです。

      ライトニングレベル3×3発の攻撃力を計算します

      雷1回 60ダメージ×6回=360ダメージ
      360ダメージ×3発=1080

      全部の雷が当たれば、1080のダメージが与えられます。

      対空砲レベル5のHPは990
      アチャ塔レベル8のHPは660

      さてさて、どうなるのでしょう?







      正解はこちら



      破壊できちゃいましびっくり

      対空砲とアチャ塔の間に壁がなかったのが、
      非常に大きな要因です。

      ドラゴンラッシュで攻撃する際に、
      対空攻撃のできる設備を3つも先に破壊できるのは大きいですよね!

      また配置を考えるときには、
      このように隣接させないことが重要だという事になります。

      またこのことから、ある仮説が考えられます。

      ユニットで攻撃する際の設備の当たり判定は中心の1マスだが、
      ライトニングの雷攻撃の場合は、設備全体、
      つまり3×3の範囲に雷の範囲攻撃がかかればダメージを与えられる


      という仮説。

      でないと破壊できませんからね。
      たぶんそうだと思います。
       

      最終章@ライトニングの呪文×援軍処理

      0

        【追記】
        H27.9月のアップデートにより、ライトニングの呪文仕様が大幅に変更になりました。
        以下の記事はアップデート前のライトニングの情報です。



        さてライトニングの呪文分析にはまり、はや4日、
        詳しくなったものの、実戦に生かせていないのが玉にキズ、
        ・・・だったのですが、今回は非常に役に立つ分析ができました楽しい

        ライトニングの呪文がまったく同じ場所に落ちるという事実を、
        援軍処理に応用し、確実にしとめる方法を編み出しました!

        まず結論を言います!

        ライトニングをユニットの頭頂部、1マス右側に落とせ!!

        これで厄介なウィザードも1発でしとめられるはずです。

        注意!これは攻撃中ライトニングの呪文を最初に使う場合の話です
        JUMPライトニングのように2発目にライトニングを使う場合は
        まったく違います


        ここから先はかなりマニアックな分析になるので、
        興味のある方は読んでください

        まずライトニングの呪文の1発目のパターン
        実際の画面に線を引き、雷攻撃の範囲を書き込みます
        赤い点がライトニングの呪文の落ちた場所(1回目の雷の落下地点)です


        攻撃の範囲に色をつけました。
        黄色の場所は3回赤い場所は4回雷の攻撃が当たります


        ここで豆知識!
        ユニット(援軍)の当たり判定は、カラダではなく、足元の丸い影です


        4回雷が落ちる赤い場所ウィザードを置いてみます


        よーく図を見てください
        ウィザードの頭頂部、右に1マスの場所に落とすと、
        雷攻撃が4回ヒットすることになります


        次に3回雷がヒットする場所にウィザを配置してみます

        落下地点の左側、上下に分かれますが、
        下側の方が範囲が広くなってます

        次に2回雷がヒットする場所に配置してみます

        かなり広範囲にわたり、2回雷をヒットさせることが分かります。

        ただ注意しなければならないのは、
        片側だけに集中していること!



        図のA側にしか2回雷が落ちる場所はありません!

        なのでもし敵の援軍の左側にライトニングを落とした場合(下図)


        ライトニングの落下地点のすぐ右側にいても、
        雷は1回しか攻撃をせず、
        このウィザードは生き残ります!!


        敵援軍で良く入っているウィザとアチャですが、
        アチャはレベルが高くても、雷1回で消すことができます。
        ただウィザは2回〜3回雷をヒットさせないと消せません。

        ユニットを雷攻撃何回で消すことができるか表にしました。
        以下の表を参考にしてウィザの消し残しがない様に、
        ライトニングの呪文をぶっ放して下さい。


        ※クリックで拡大します

        うまくダンゴ状になっていない場合も、
        1番下側にいるウィザの頭に合わせることによって、
        3回雷をヒットさせるエリアにウィザを配置できると思います

        アチャだけの場合はかなり分散していても、
        Aのラインの左側に集中していれば、
        雷1回で消すことができます

        色々と書いてきましたが、
        もっとも重要なのは、援軍を最後まで引き出すことです!

        あと注意は、
        もし2発目のライトニングで援軍を処理する場合は
        1発目とまったく違う雷の落ち方をするので、
        注意しましょう
        簡単に言えば、2発目は右上に集中して落ちます、
        なのでユニットの左下にライトニングを打ちましょう。
        詳細は『徹底×徹底分析@ライトニング』を読んで研究してください



         

        徹底×徹底分析@ライトニング

        0

          【追記】
          H27.9月のアップデートにより、ライトニングの呪文仕様が大幅に変更になりました。
          以下の記事はアップデート前のライトニングの情報です。


          ライトニングの分析をしているうちに
          とうとう真実にたどり着きました、それが・・・

          ライトニングはパターン化されている!!

          という事実。

          まずこちらの図をご覧下さい。
          4発とも同じ場所に落としています



          1発目↓


          2発目↓


          3発目↓


          4発目


          打つ回数ごとに、落ちる場所は決まっています。
          雷の落ちる順番もすべて同じです。


          呪文の使う順番で落ちるパターンが決まっています。
           つまり、JUMP⇒ライトニング と使った場合、
           2発目のパターンでライトニングは落ちます




          これを図で表しました

          上記の配置を左に45傾けたと思ってみてください

          ※このブログの中での上下左右は実際の画面ではなく、
          分析図のなかの上下左右を指します。
          ゲームで使う場合は脳内変換してください


          数字の順番に、数字の場所に落ちます
          青い円は雷の攻撃範囲です

          まず1発目


          2発目


          3発目


          4発目


          1〜3発の落下地点をまとめたのがこちら


          1〜4発の落下地点をまとめたのがこちら


          これをさらに詳しく分析します
          赤い区画は雷の攻撃が4回重複するところです

          まず1発目


          左側中心に落ちます。
          最も上下に分散して落ちます

          2発目


          右上に集中して落ちます

          3発目


          左側に集中、特に左上の攻撃が強いです

          ・もっとも実戦で使うであろう、1〜3発を重ねてみます



          色の濃い部分が攻撃が重複している場所なのですが、
          大雑把に現すと下図の赤い円が8回以上攻撃をしている場所です


          ※クリックすると拡大します

          この図から判断すると、
          3発のライトニングの呪文を、まったく同じ場所に落とした場合、
          落下地点よりも、少し左の少し上下が最もダメージを与えられる
          という事になります

          ipodの小さな画面での分析なので、正確さには欠けますが、
          落下地点よりも左側に多く雷が落ちるのは間違いありません

          なので同じ場所にライトニングを3発落とすなら、
          狙った設備の中心から1マス右に落とすのが
          最もダメージを与えられるといえます。
          もしくは1発ずつ微調整をして落とすのが正解です

          ただ本当にこの分析が合っているならば、
          6回の雷が狙った設備の中心にすべてヒットすることはありません


          でも実戦の検証では6回ヒットしなければ
          破壊できないレベルの対空砲の破壊できている
          ので、
          私の分析が間違っているか、
          ライトニングの当たり判定が広範囲になっているのか、
          何かしらありそうなのですが、今後の検証が必要だと思います

          なので以前にお伝えしたこちらの表

          クラッシュオブクラン攻略まとめwiki HP 

          ライトニング VS 対空砲の表は鵜呑みにしないようにしましょう
          (この表は6回すべて当たった場合で計算されています)

          何発当てれば対空砲が破壊できるのかは
          以下の表で確認して下さい

          ・対空砲HP
          対空砲 Lv1 lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8
          HP 800 860 900 940 990 1040 1100 1160

          ・ライトニング3発分(雷18回)と外れた場合の攻撃力の変化
          18発 17発 16発 15発 14発 13発 12発
          Lv1 900 850 800 750 700 650 600
          Lv2 990 935 880 825 770 715 660
          Lv3 1080 1050 960 900 840 780 720
          Lv4 1170 1105 1040 975 910 845 780
          Lv5 1260 1190 1120 1050 980 910 840
          Lv6 1350 1275 1200 1125 1050 975 900

          第21戦においてさまようさんが
          ライトニングLv4で対空砲Lv5を破壊できなかったのは
          18回のうち3回以上ハズレた事が原因となります

          個人的な意見ですが、2回は外れると思います。

          よくあるTH7,8vsTH7,8の戦いでは
          ライトニングのレベルがマックスでも、
          対空砲レベル5以上の場合は要注意ですね。




           

          ライトニング徹底分析

          0

            【追記】
            H27.9月のアップデートにより、ライトニングの呪文仕様が大幅に変更になりました。
            以下の記事はアップデート前のライトニングの情報です。




            ライトニングの呪文を分析するまえに基本を復習しましょう

            ・1発あたり6回の雷が落ちる
            ・落下地点から、半径3.5マス(直径7マス)の範囲にランダムに雷が落ちる
            ・雷は範囲攻撃、落下地点から半径2マス(直径4マス)以内にダメージを与える


            詳細はこちら

            wikiより抜粋しました

            よくある配置で説明します、
            以下の配置のようになっていて、対空砲を破壊したい場合。



            対空砲ど真ん中に落とすと
            6回の雷は、青い円の枠のなかの何処かに落ちます




            ライトニングの雷攻撃は半径2マスの範囲攻撃なので、
            ダメージを与えられる範囲は以下の図の、
            大きな青い円の内側になります



            なのでこの9設備にダメージを与えられる可能性があります

            3×3の設備の当たり判定は中心の1×1だけなので
            雷の落ちる場所により、1回の雷でダメージを与えられる
            設備の数が変わります。

            これを図で表すと以下のようになりま




            赤い点、3の設備の中心に落ちた場合、3の設備のみダメージを受けます

            青い点、4設備の中心にある壁に落ちた場合、
            当たり判定の1×1にどれもかからず、
            1、2、8、9どの設備もダメージを受けません

            緑の点、2設備の中心の壁に落ちた場合、
            隣接する2設備、この場合6、9がダメージを受けます


            基本の復習はここまで、では本題に入ります。

            ライトニングのwikiでは半径3.5の範囲で
            ランダムに雷が落ちることになっているのですが、
            実はある法則で落ちていることが判明しました!

            それは

            ライトニングの打つ回数ごとに、雷が落ちる範囲が決まっている!

            ということ。つまり

            1発目のライトニングはAの範囲
            2発目のライトニングはBの範囲

            などと本来の半径3.5マスの範囲よりも
            狭い範囲で落ちるように調整されているんです!


            これを図で解説します、9の中心にライトニングを落としたとします



            まず1発目のライトニングはA側に落ちます
            青線の円の内側、更にA側が落ちる範囲です

            A側でも1,2の区画、8,9の区画、7,6の区画
            と3区画に均等に、つまり2回づつ落ちます

            なので1,8,7、2、9,6の設備にダメージを与えます

            9→6→2→9→2→6

            のようなパターンで落ちることが多いです
            実際の画面で見てみましょう


            ダンゴ状になった援軍の中心に落ちてます







            煙が立っている場所が最初の雷が落ちた場所です
            A側のみ上、中、下と均等に落ちています

            では2発目のライトニングはどうなのか?



            2発目のライトニングはB側に落ちます

            2,3の区画、9,4の区画、6,5の区画に
            雷が均等に落ちます
            よって2,9,6,3,4,5の設備にダメージを与えます
            1発目を180度回転させたような感じです。

            では3発目はどうなのか?

            これについては確認作業が困難で憶測なのですが、
            1発目を45度戻した状態、上図の左半分に落ちるように思います
            つまり7,6,8,1,9、5にダメージを与えられるような
            状態なのではないかと思っています。

            ブログで説明するのが難しくて、うまく伝えられないのですが、
            理解できたでしょうか?

            この法則でライトニングの雷が打たれているので、
            中心である9の設備に最もダメージを与えやすいことが分かります

            ただし上図の青線、つまり雷が最も外側で落ちた場合
            中心の9の当たり判定から外れてしまうため、9にダメージが与えられません

            これに関しては運、つまりランダムです。
            なので運が悪いとライトニング3発で対空砲が破壊できません悲しい


            下図の小さな円が、最も外側で雷が落ちた状態です


            また、設備が隣接していたら、
            2つの設備を破壊できる可能性が高くなります

            【12/03追記】

            ライトニングの記事を紹介した後、
            クラメンの協力により、より詳細な分析ができました。
            皆さんご協力ありがとうございました

            そしてライトニングの真実が突き止められました!
            それは

            ライトニングは落ちる場所が決まっている!!

            ということ

            現在資料を作成していますので、
            発表までしばらくお待ちください

            【12/20追記】

            ライトニングのあたり判定と、ユニットの攻撃のあたり判定は
            異なると考えてよさそうです。

            ユニットの攻撃の際は設備の中心の1×1マスのみですが
            ライトニングの雷攻撃は3×3のどこかにかかれば
            ダメージを与えられると考えて良さそうです

            【2015.10追記】
            フリーズ、アースクエイク、当り判定と徹底分析をした結果、
            様々な事が分かりました。詳細は徹底分析シリーズを読んで下さい
             


            カレンダー

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
                    

            記事検索

                                      

            関連記事

            カテゴリー

            アーカイブ

            アクセスカウンター

            カウンター カウンター

            リンク

            プロフィール

            書いた記事数:183 最後に更新した日:2017/03/14
                    

            PR

            その他

            スポンサー