有効範囲の仮説と検証@フリーズ徹底分析

0
    フリーズの適用範囲について説明した前回で、
    “施設の中心がフリーズの適用範囲に入れば、フリーズが有効になる”
    と仮説をたてました。

    ・適用範囲×当り判定@フリーズ徹底分析

    その中心の当り判定について更に詳しく調べてみました。

    3×3の施設がTHに隣接してあった場合、

    THの中心にフリーズを落とすと、
    3×3の施設の中心は、わずかに適用範囲から外れます。

    前回の適用範囲の画像に、さらに0.5マスの線を引き、
    3×3の施設の中心を出しました。


    拡大してみます。

    ほんのわずかですが、中心(白線の交差点)から
    フリーズの適用範囲が外れています。

    なので当り判定が
    “この中心から、ある程度の範囲がフリーズ適用範囲に入れば凍る”のか、
    それとも“中心点がフリーズ適用範囲に入らなければ凍らない”のか、
    かなり厳密に判断できるので、この配置で検証してみました。

    検証に利用したのは、シングルプレイの欠陥工事


    こちらのTHの中心を割り出し、フリーズを落としてみました。


    びっくりびっくりびっくり『1つも凍りません!!』びっくりびっくりびっくり

    これ現実で起こったら、相当ショックですよね 悲しい
    しかし、ほんの少し、ほんとーに少しでも中心からずれてフリーズを落とすと、
    2つの施設が凍ります


    この検証結果から、
    フリーズの呪文が有効になるためには、
    施設の中心の、ある範囲に呪文の適用範囲がかかることではなく、

    “施設の中心が呪文の適用範囲に入らないと凍らない”

    ということが判明しました!!

    ・・・となると次に気になるのは、
    “有効範囲限界の7マスの左右に中心点がある場合、左右の施設は凍るのか?”
    という疑問。

    THの左右に同列で3×3の施設がある配置

    この場合クロスボウを同時に凍らせられるか否か。
    これを検証したいと思います。

    検証に利用したのは、シングルプレイの鋼鉄の篭手

    狙いは対空砲2基の同時凍結!

    THの中心から0.5マス南東側に落とす場所をずらし、
    対空砲の中心に7マスの限界有効範囲が来るように呪文を落とします。

    『凍りません』悲しい


    『凍りません』悲しい悲しい


    『凍りません』悲しい悲しい悲しい

    『めげました』悲しい悲しい悲しい悲しい
    私、日本で一番シングルプレイでフリーズ使ってるかもしれません 悲しい

    これ、不可能と判断した方が良いのでしょうか?
    本当に極、極、小さなズレで左右の対空砲のどちらかが凍ります。もしくは両方凍りません。


    とりあえず現時点では、結論を保留にしたいと思います。

    このブログをご覧の方で、
    『凍ったのを見たことある!』や、『やってみたら凍った!』
    などの情報がありましたら、コメント欄にて教えて頂けると幸いです。

    また、もし検証にご協力していただける方がいましたら、
    ぜひこの画像を参考にして下さい。


    3CがTHの中心になるので、
    0.5マス南東にズラした4Cがこの場合の落とすべきポイントになります。

    私も継続して検証をしていくので、
    いつか凍った画像が出せたら良いのですが、
    実際の攻撃ではほとんど意味がないんですよね〜楽しい

    ちなみに3×3の施設は6つ同時に凍らせられます。

    結構余裕ですよ楽しい


    つづく・・・








     

    適用範囲×当り判定@フリーズ徹底分析

    0
      最近ライトニングの出番がめっきり減ってしまい、
      徹底分析の価値がなくなり、ちょっと哀しい越谷です。

      越谷クランでもTH10が多くなり、フリーズの呪文が重要になったので、
      今度はフリーズを徹底分析して行こうと思います。

      まずフリーズとは
      『半径3.5、直径7マスの施設を凍らせる』
      という呪文。

      さらにフリーズの呪文の情報を検索すると、

      THに隣接する2×2の施設は、THの中心に落とせば全て凍る

      という情報がヒットします。
      ・クラクラ〜戦略・配置navi

      私も線を引いてTHの中心を出してみました(白い丸)、情報どおりです。
      それを中心にして、フリーズの有効範囲、
      半径3.5マスの円を描いてみました(赤い線)


      この白い円の場所にフリーズを落とせば、
      下の画像ような配置の防衛施設は全て凍るようです。


      この配置は対戦で、非常に良く見かけるので、
      日々THの中心にフリーズを落とす特訓をする事をオススメします。

      ここで気になるのが、
      “どういう当り判定で凍っているのか?”
      という事。

      TH周囲にマス目を引いて、更にフリーズの範囲を表示してみました


      これで見ると、THに隣接する2×2の施設の中心が、
      しっかりとフリーズの中に入るのが分かります。

      同じように落としても、
      下の図のようにTHの角に配置された施設は同時に凍りません


      したがってフリーズの当り判定は、
      “施設の中心がフリーズの範囲に入る事”
      ではないかと推測されます。

      この“中心”が判定基準であると予想するブログの記事もありました。

      ・鬼将会 クランページへようこそ(戦術の下の方に記事があります)

      このブログで限界範囲の画像が出ているのですが、
      この限界範囲を更に追求してみようと思います。

      THに隣接する3×3の施設や、


      THに1マスだけ隣接する2×2の施設、


      どちらも施設の中心が、範囲にギリギリ入るか入らないかの位置関係。

      はっきり言ってギリギリすぎて対戦ではほとんど使えないのですが、
      気になってモヤモヤするので、追求してみたいと思います。

      ではまた次回

      ・有効範囲の仮説と検証@フリーズ徹底分析
       

      1

      カレンダー

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
              

      記事検索

                                

      関連記事

      カテゴリー

      アーカイブ

      アクセスカウンター

      カウンター カウンター

      リンク

      プロフィール

      書いた記事数:183 最後に更新した日:2017/03/14
              

      PR

      その他

      スポンサー