ナックル戦術で気をつけたいこと

0
    kotaroです。

    越谷クランでもナックル戦術の浸透で全壊率も大幅に向上しました。序盤で多少ミスしても、全壊が取れる素晴らしい戦術ではありますが、やはり基本の知識・操作としっかりとしたプランニングを身につけないと上手くいきません。

    私がナックルでプランニングする際、気をつけている事を備忘録としてまとめてみました。以下に記載することは、私なりの所見ですので、必ずしも正解ではないかも知れませんが、少しでも越谷クラメンの参考となり、全壊率の向上につながれば幸いです。

    なお、以下はth9対象であること、あらかじめご承知おき下さい。

    1.クイヒーパート

    1-1.対空砲が1本折れる位置にあるか
    クイーンの射程距離は5マスなので、まず対空砲の配置をみます。中盤以降にバルキリーにヒーラーをスイッチさせ中央に突入させることを考えると、なるべく対空砲は減らしておいたほうが良いです。

    1-2.外周を回す際、対空砲の攻撃範囲にヒーラーが入らないか
    最も注意したいことです。対空砲が壁含め6-8マス位置にある場合、非常に危険です。クイヒーも最短施設を攻撃する習性があるので、ガイコツトラップやテスラ等の出現により、良からぬ方向に進む時があります。もともと対空砲の攻撃範囲に入らない位置から開始していれば、ヒーラーが撃ち落とされる事はありません。

    1-3.クイヒーで援軍処理を行なう際、単独で行える位置があるか
    防衛施設から攻撃されながら、援軍処理をすると、どうしても事故率が高くなります。また、隅まで釣り出し処理するのは、確実な方法ですが、上手く攻めても時間切れにより全壊を逃す悔しい思いをすることがあります。

    〈理想的な操作手順〉
    (1)防衛施設を削り、単独で援軍処理できる場所を創り出す
    (2)援軍を釣り出す
    (3)ポイズンかけて動きを遅くする
    (4)クイーンで仕留める

    出来れば、クロークを使わず処理したいところですが、援軍構成によっては、そうもいかない事があるのでクイーンがやられそうな時は出し惜しみせずクロークを使いましょう。また、私の場合、呪文はバルキリーに使いたいので、なるべく残すようにしています。

    1-4.相手ヒーローに、クイヒーがぶつからないか
    自分のクイーンが、相手ヒーローより大幅にレベルが高ければ、問題ないですが、そうでなければ極力ぶつからないようにします。同レベル以上のヒーローを相手にすると、こちらも無傷で済まず、事故の可能性も大で、そうでなくともクロークやレイジを出すことを余儀なくされてしまいます。相手ヒーローはバルキリー姉さんにお任せするようにしましょう。

    1-5.クイヒーで削る部分をあらかじめイメージ出来ているか
    出来る限り、ナックルでのクイヒーパートでは、援軍処理と外周施設(1層目施設も削れればなお良し)をしっかり削り、バルキリーの進行方向をある程度、限定させたいところです。そうする事で、バルキリーの火力が分散することなく、展開を有利に進めることが出来ます。

    1-6.防衛施設から同時に受ける攻撃が3以上にならないか
    クイーンにヒーラー4体つけても大砲、アチャ塔、テスラ、X砲など火力の高い防衛施設から同時に3攻撃を受けるとヒーラーでの回復が間に合いません。なるべく同時2攻撃で進行出来るところから開始した方が事故は減ります(2攻撃でも少し回復が間に合いませんが...)。ただし、3攻撃でも数秒なら耐えることが出来るので、自クイーンLvの攻撃力と進路をイメージしておきましょう。また、初見攻めの場合、空きマスにはテスラの存在も想定しておく必要があります。

    2.バルキリーパート

    2-1.バルキリーの進入位置は2パターンの想定が出来ているか
    クイーンからバルキリーにヒーラースイッチさせるには、クイーンと合流する位置のイメージをもっておく事が重要です。クイヒーが左に回っても、右に回っても大丈夫なように、プランは2つ持っておくようにしましょう。キングとウィザードでのサイドカットもクイヒーの回る方向が確定してから行う方が良いです。

    2-2.呪文の打つ位置をイメージ出来ているか
    バルキリーは体力があるといえども、2連巨爆を受けて、すぐに防衛施設から集中砲火を受けるとひとたまりもありません。2×4マスの空スペース(2連巨爆)や、壁際の2×2スペース(テスラ)が複数あるポイントにはヒールの投下のイメージをしておく事が重要です。また、ナックルの場合、主力ユニットを出すと、その後、複雑な操作は必要なくなるので、次に出す予定の呪文にポイントをセットしておきましょう。援軍処理時のポイズンも同様ですね。

    2-3.呪文の使用順序をイメージ出来ているか
    私がナックルを行なう場合、呪文構成はレイジ2ヒール2がほとんどです。ナックルは「やられる前にやる」が基本なので、バルキリーの残数が多ければ多いほど、呪文の威力が最大化されます。そのため、レイジは序盤から中盤までに使い切り、ヒールは中盤から終盤に使うイメージを常に持っています。当然、罠によるダメージや壁で集中砲火を受ける場合は、臨機応変に打つようにしています。これは慣れですね。呪文構成はひとそれぞれですが、ある程度使用順序や打つ位置のイメージを持っておくことが全壊につながります。

    2-4.外周施設の掃除部隊を構成に組み込んでいるか
    援軍釣り出しが容易に出来ない配置の場合、四隅に大工小屋を置かれている事がよくありますよね。私の配置にもよく採用しています。「99%で時間切れ」な〜んて、悔しい思いをした経験も皆さん多くあると思います。四隅の大工以外でも、主力部隊は残ったが壁打ちでの時間ロス、外周施設に到達出来ずというケースもよく散見するので、掃除用のウィズやガゴ等のユニットを組み込み、終盤まで少し残しておくようにしましょう。


    上記の条件や考えに全て当てはまる配置にはなかなか巡り合いませんが、少し意識しておくだけで、プランニングの考え方も変わり、自然と事故率も減っていくものと私は考えます。これが、ナックル以外の戦術でも整理出来れば、いいんですが(^^;

    「段取り八分、仕上げ二分」は、クラクラにも通じますね。

    以上、お粗末様でしたm(_ _)m

    本家ナックルの衝撃

    0
      こんにちは、4月リーダー担当のkotaroです。

      新年度最初のリーグを勝ち越しでスタートする事ができ、クラメンの皆様には大変感謝です。

      振り返ると、クラクラ始めて、早1年8ヶ月。右も左もわからない頃からたまたま入れて頂いた越谷クラン一筋でサブリーダーの称号まで頂き、
      通勤時の電車の中、昼休みのデスク、家族が寝静まった夜(たまに家族そっちのけ)でマルチ対戦を楽しむ日々...充実な毎日を過ごさせて頂きました。

      この度、リーダーを担当させて頂き、「対戦する以上は勝ちたい&☆2でなく全壊取って勝利に貢献したい」と強い意識が芽生え、居心地の良い越谷クランから、修行に出る事を決意しました!

      無謀にも、いつも戦術と配置を参考にしていた勝率日本2位のサブクランに参加。旅人、ヒーロー工事でも対戦OKと門戸の広いクランに挑戦しました!

      まだ1週間も経過していませんが、本家ナックルは異次元の強さですΣ(゚Д゚)

      少しでも越谷クラメンの参考になればと思い、簡単ではありますが、採用されている基本構成、戦術についてポイントをまとめさせて頂きます。

      ※ナックルはTH9以上の戦術になります。

      〈ユニット構成〉
       クイヒー バルキリーラッシュ
       
       バルキリー14以上(援軍含む)
       ヒーラー4
       その他、相手配置に合わせ、ウィザ/ホグ/バル/ガゴ等の組込み

      〈呪文〉
       レイジ2
       ヒール2
       ポイズン2

      〈援軍〉
       バルキリー2,ヒーラ1
       バルキリー3 その他

      〈基本の攻め方〉
       ※面での攻撃前提
       1.クイヒーで外周設備をサイドカット、合わせて援軍処理
       ※援軍釣り出せない配置の場合、クイヒーで防衛設備を削ってからのホグ出しで釣り出す
       2.反対側の外周設備のサイドカットをババキンとウィザで実施
       3.中央に残った外周施設からバルキリー、援軍を一気出し
       4.バルキリーの進行方向にレイジ
       5.その後、バルキリーの動きに合わせ、レイジ、ヒール、ヒール、レイジ、ヒールの順で呪文を投入
       6.ヒーラーを終盤まで残す事が肝なので、対空砲の破壊を優先すべく、ホグ等で補助操作
       
      という感じです。

      バルキリーラッシュの要素が強いですが、タゲ取り、サイドカット、呪文の投下位置等の基本操作があっての戦術ですので、闇雲にバルキリーを出す訳ではありませんので、使用の際はご注意を!

      つたない文章で、イメージが湧きにくい方は、本家ブログで動画を確認下さい(クラクラの向上心はありますが、越谷さん級の動画編集技術習得は私には無理^^;)

      少しお待ち頂ければ、私が帰還した際に、対戦での6つリにて披露します!(たぶん出来るはず...)

      自信がついた頃に帰還しますね(≧∇≦)b


      本家ブログはコチラです↓

      ・ガイハジ県立クラクラ専門学校
      ・クイヒーバリキリーラッシュ(ガイハジ県立クラクラ専門学校)






       

      1

      カレンダー

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>
              

      記事検索

                                

      関連記事

      カテゴリー

      アーカイブ

      アクセスカウンター

      カウンター カウンター

      リンク

      プロフィール

      書いた記事数:183 最後に更新した日:2017/03/14
              

      PR

      その他

      スポンサー